寝苦しい夏の夜には

2007年04月28日

合同会社(LLC)設立後

登記が完了したら、合同会社(LLC)が実質的にスタートします。いよいよ本業に集中ですね。しかし、忘れてはいけないのが、各種役所への届出です。時間的に余裕のあるものもありますが、できれば一気に済ます方がモレがないでしょう。次の届出が必要となります。

税務署
法人成立届書  設立の日から2か月以内
青色申告の承認申請書  設立の日から3か月を経過した日と、設立登記日の属する事業年度終了の日のうち、いずれか早い日の前日
給与支払事務所等の開設届書  支払事務所開設の日から1か月以内
減価償却資産の償却方法の届出書  設立第一期の確定申告書の提出期限まで
棚卸資産の評価方法の届出書  設立第一期の確定申告書の提出期限まで
源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書  特例を受けようとする月の前月末まで
都道府県税事務所
法人設立届出書  設立の日から1か月以内

市町村役場
法人設立届出書  設立の日から1か月以内

社会保険事務所
健康保険厚生年金保険新規適用届
健康保険厚生年金保険新規適用事業所現況届
健康保険厚生年金保険被保険者資格取得届
健康保険被扶養者(異動)届
すべて適用事業所になった日から5日以内(法人の場合、労働者数に関係なく強制適用事業所となります。)

労働基準監督署
適用事業報告  遅滞なく
労働保険関係成立届  保険関係が成立した日から10日以内
労働保険概算保険料申告書  保険関係が成立した日から10日以内

公共職業安定所
雇用保険適用事業所設置届  適用事業所となった日から10日以内
雇用保険被保険者資格取得届  適用事業所となった日から10日以内

※労働者を1人も使用しない事業所では労働基準監督署、公共職業安定所への届出は必要ありません。
posted by 運営者 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。