寝苦しい夏の夜には

2007年04月18日

合同会社(LLC)の特徴その2

内部自治が株式会社に比べ、大幅に自由です。原則法律に縛られることなく、出資者の合意により自由に会社のルールを決めることができます。株式会社の場合、以前に比べかなり自由になったとはいえ、多くの約束事が存在します。取締役と株主総会が法律上必須で、最小限の設置機関ですが、この2つに取締役会を加えたくても、取締役が2人しかいない場合、設置することはできません。

その点合同会社には必須の機関はありません。出資者の合意により自由に設置できます。また利益配分においても同様に自由が認められています。株式会社のように出資額に応じて配当を行う必要はありません。出資額の多少とは無関係に、たとえば利益貢献度に応じて配分割合を決定することも可能です。持分会社の特徴のひとつです。

出資者全員が事業に参画することを原則とします。つまりお金を出した人が会社を経営するということです。株式会社の場合は会社の所有者と経営者は必ずしも一致しません。(小規模会社の場合、一致しているケースが多い。)ただし、定款で出資のみを行う社員を定めることもできます。
posted by 運営者 at 14:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。